ⅬET'S!お取り寄せ

>
この記事をシェアする

環境でお取り寄せのハードルが下がった

いつからあった?お取り寄せ

お取り寄せグルメが流行り、この言葉が当たり前に使われるようになったのは、インターネットショッピングが普及してからの事です。
では、各地の美味しいものを「取り寄せる」という事は、いつ頃からあったのでしょうか。
インターネットが使われるずっと前にも、美味しいもの、美味しいと有名なものを地元から取り寄せるという事は、実はありました。
主に経済的に余裕のある富裕層の人々にとって、地方の名産物などを取り寄せることは、比較的普通にやっていたことのようです。
江戸落語で有名な「目黒のさんま」にも、「取り寄せる」という言葉が出てきます。
こちらも取り寄せたのはお城のお殿様ですから、やはりお金持ちですね。
このように、富裕層のステータス、というイメージがあったお取り寄せが、現在のように一般に普及したのは、最近のことなのです。

限定商品も

ネットで美味しいものを買う事ができるなら、わざわざお店に出向く必要がありません。
でも、実店舗があるお店の場合は、どちらも売り上げが欲しいところです。
そこで両者の差別化を図るために、限定商品を扱うお店が増えています。
ネット限定、店舗限定とすることで、それぞれのニーズで集客を狙うアイデアです。
例えば、それぞれの限定で味が違ったり、ラッピングを変えたり、といった方法です。
また、店舗で販売する場合は、出来立て、作り立てなどを提供できることも強みですね。
あまりに遠方で店舗に行けない場合、逆に近くに店舗がある場合など、お客さん側の事情もあります。
私たちの「買いに行きたい」「お取り寄せしたい」そのどちらも思わせる仕組みを、お店も様々に試みていますね。


Copyright © お取り寄せグルメっていつから始まった?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る